もしも妻が浮気をしたら、と考えるにあたってまずは浮気がばれた状況が必要です。まず自分が浮気を目撃したら。この場合は恐らくその場では何もできないと思います。そもそも妻が浮気するなんて思ってもいませんから。なのでもしも現場を見てしまったらその場に立ち尽くすと思います。その後、何かの間違いだろうと妻に電話をかけると思います。もしここで彼女が上手に言い訳をしても家に帰ってから浮気の証拠はないかと探します。浮気なんてしていなかったという安心感が欲しいので彼女にばれないように、けれども徹底的に探すでしょう。

 

次に第三者から浮気の情報を入手したら。このときははじめにその第三者を怒るでしょうね。そして浮気をしていない証明の為に、浮気の証拠を探します。決して妻には聞けないです。彼女を不快にさせてしまうかもしれないので、どうにか自分で証拠を探して、何もなかったと一人で安心してしまいたいです。

 

浮気の証拠が見つかってしまった場合、それでも自分は別れたくないと思うでしょう。怒りの感情よりもどうして、という悲しみというか困惑が強いのではないかと思います。そのかわり相手の義父母にはかならず連絡します。そしてお金を請求しますね。それを夫婦生活の足しにするはずです。浮気現場に突撃してそのばで話をつけるのは意味が無いのでやりません。

 

今のところは浮気の事実よりも妻と一緒にいる時間の方が大事だと思っています。これもまた妻の言い訳にもよるかもしれません。彼女が少しでも罪悪感を感じていたら許してしまいます。
浮気をする人は一生治らないと聞きますが、妻に限ってはそんなことはないだろうと思ってしまうでしょう。もし再び浮気をしたら、そのときはすぐに別れるかもしれません。